ASPって何?どうやって登録するの?

コーヒーを飲みながら、パソコンを使用する男性

アフィリエイトをはじめる場合、必ずどのアフィリエイターも加入しているのがASPと呼ばれるサービスです。これは正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダといい、アフィリエイトを行う人のためのさまざまなサービスを提供してくれています。

ASPにも種類がいろいろあります。
筆頭はクリック型報酬と呼ばれるもので、自分のサイト上に広告枠を設定すると自動でよい広告を配置してくれ、その広告をクリックするとその数によって報酬が得られるというタイプです。クリック型報酬サービスで有名なのはGoogleAdsenseですが、それ以外のサービスもあります。

もうひとつは成果報酬型と呼ばれるもので、自分のサイト上にアフィリエイト広告を配置し、その広告をクリックして商品購入やサービス利用などをしてくれた人がいれば、成功報酬が出ます。有名な所はafb(アフィリエイトB)やバリューコマース、A8.netなどがあります。

どのASPに登録するのでも必須なのが、自分が運営するサイトです。
既に自分が運営しているサイトはだいたいのASPには必須ですので、これがないとASPのほとんど全てに登録する事が出来ません。このため、先にサイトを作ってから登録した方が良いでしょう。
登録方法は基本的に自分の情報と成功報酬の振込先、作成したサイトのURLなどを登録します。費用は無料ですが、登録したサイトによっては審査があり、中には審査に落ちる場合もあるので、最初に作るサイトは注意してください。

なお、案件によっては審査があります。
というのも広告を出してほしい広告主にはいろいろな考え方や意見があり、案件によって広告を出したいサイトと出したくないサイトというのがあるのです。特に成功報酬型のASPの広告はいろいろありますので、審査に落ちる事も考えておきましょう。
審査基準も難しい場合が多いので、例えばafb(アフィリエイトB)には落ちたけれどもバリューコマースには受かったという事もあります。同じ企業の同じアフィリエイト広告を掲載したくても、A8.netの審査には受かって、バリューコマースの審査には落ちる場合があるのです。

アフィリエイターは複数のサイトを持ち、なおかつ成果報酬型のいろいろなASPに登録していることが多いでしょう。登録方法もそこまで難しいモノではありません。いくつかのASPに登録すると、中には特定のASPだけに出している広告などを扱えるかもしれないので、いろいろ登録しておくといいでしょう。