アフィリエイトサイトに中古ドメインを使うメリットとは?

色々なSNSアイコン

アフィリエイトサイトを開設する場合、ドメインというものが必要です。
その中でも特に注目されているのが、中古ドメインというものです。
これはいろいろな効果を持ちますが、基本的にはSEO効果やインデックススピードアップ、検索エンジンからの評価を高めるため、などの理由から使っています。
利用には、中古ドメインを販売しているサイトでの購入が最も一般的です。
費用が少々高いものの、アフィリエイトで成功すればとてもコスパの高い対策となるでしょう。

そもそも中古ドメインとは何かというと、どこかの誰かが使っていたドメインという事になります。
手放したり、更新をしなかったり、ドメインを売ったりして利用者がいなくなったドメインを再利用する、という考え方が近いのです。
とはいえ誰かが使っていたので、ある程度サイトを運用した形跡があり、検索順位が良かったり過去にサイトを見に来た人がまた見に来てくれるかもしれない、などの集客効果が期待できます。
その一方で、デメリットとしてはサイトの事前のイメージがそのまま反映されたり、中にはリスクがある場合もあります。

基本的に中古ドメインの一番のメリットはSEO効果でしょう。
SEOとは検索エンジン最適化とも呼ばれ、検索サイトで検索した時にいかに検索順位を上げるか、という対策になります。
検索エンジンとは検索サイトで検索した時に順位を決めるためのもので、検索サイトの検索順位を決める役割を持つのです。
その検索エンジン対策がしっかりされていると、検索順位が上位になり、サイトの集客効果が期待できます。

もうひとつのメリットはインデックススピードにあります。
検索エンジンだけではなく、検索サイトにはそれぞれのサイトを訪問する検索クローラーというのがあります。
クローラーが定期的に来るサイトは優良で、サイトの更新が定期的になされているサイトだったり、それなりにネット上で価値があるサイトだと判断されているのです。
インデックススピードは特に速い方が評価が高く、サイトの更新後に早くその結果が反映され、サイトの評価を高めてくれるとされます。

最後に検索エンジンからの評価でしょう。
検索エンジンは基本的にどのサイトも評価しており、特定のドメインの評価をドメインパワーという形で表示しています。
特にアフィリエイトサイトの場合は出来るだけ早くこのドメインパワーを高められ、過去に運営していたサイトの評価をそのまま引き継げるドメインパワーの高さは大事なことなのです。

とはいえ、金額が高いとか、新規ドメインよりも価格が高くコスパが悪いなどのデメリットもあります。
特に思ったようにSEO効果が出ないドメインの場合は粗悪なドメインの可能性も考えられるようです。