アフィリエイトの収入と税金の関係とは?

アフィリエイト収入を得ることができるのは嬉しい事です。ですが、必ず行わなくてはならないことのひとつが、アフィリエイトサイト収入を必ず申告する必要があります。これは確定申告をして税金を払う必要があるという事です。

まず、基本的に本業がある人が副業としてアフィリエイトをしている場合でも、申告する必要があります。
この場合、自分が去年一年間にいくら稼いだか計算します。稼いだ収入額から経費を引いた金額が一定以上の場合、申告する必要があるのです。アフィリエイトサイト収入は雑所得の場合もあれば定期的な収入であれば事業所得になる場合もありますので、税務署に相談するのがおすすめです。

また、青色申告という方法もあります。
これは事前に税務署に開業届を出し、税務署に事業を行うと申告します。そのあとに確定申告で申告を行う時、青色申告であれば年間65万円以上の控除が受けられて節税になり、税金を減らす事が出来るかもしれません。
こちらも、人によって基準は違いますし、できるだけ税金を安くする方法は違います。こちらも税務署や税理士に相談してみましょう。

副業で月に数万円程度の収入であれば、青色申告をしてもしなくてもよい場合もあるでしょう。ですが、本格的に本業として行うとか、継続して行い利益を追求する場合は青色申告の方が良いとされています。
帳簿付けの義務など面倒なことは増えますが、やはり節税につながる点を評価されやすいのです。

確定申告をしない、無申告の場合はどうなるのでしょうか。
一般的には利益に課税されるのですが、確定申告をしないことで国に収入を申告していない状態になり、支払わなくてはならない税金を支払っていない状態になります。つまり無申告は脱税につながりますので、よくありません。
脱税が国に発覚すると、修正申告として税務署に申告する必要が出てきます。この時、懲罰として課税額が大きくなったりすることや追徴課税などもあるのです。

このため、基本的に副業としてでも本業としてでもアフィリエイトをしているのであれば、毎年の確定申告は欠かさずに行いましょう。
計算は少々面倒ですし、また税金を納めるのも面倒な事が多いのですが、やってみるとそこまで難しい事ばかりではありません。実は税務署では申告のための勉強会やサポートを行っていますから、もし本格的にアフィリエイト収入を得られるようになってきたら、勉強を始めるのもいいでしょう。